ヒプノ的視点,  潜在意識

潜在意識の本当の意図を知る

ヒプノセラピストとして活動しはじめる前後、その準備を進めようとすると邪魔が入る、
ということを繰り返していた時期がありました。

マーケティングの仕事の方で、急ぎの案件が入ってきたり、
息子の保育園のイベントが入ったり、来客があったり、娘が水疱瘡になったり…

とにかく、やろうとすればするほど時間がないという状況になる。
何とか時間を捻出しても、今度は気も乗らない。

 

なんでかなー??と思い悩んでいたところ、
一緒にヒプノを学んだ同期に、『短いサブパーソナリティ』というセッションを試してもらう機会があったので、
「セラピストの活動準備をするための時間がない」という問題をテーマに受けてみました。

このセッションでは、問題を「私の中の一部の人格(サブパーソナリティ)が起こしている」と仮定して、
そのサブパーソナリティとイメージの中で対話をするということを行ないます。

 

私のサブパーソナリティに質問します。
「この問題を起こすことで、どんなメリットがあるの?」

すると、私のサブパちゃんは答えるのです。
「家族との時間を確保できる」と。

 

家族との時間を失うまいと、一生懸命に私の時間を奪う。
なんですか、そのロジックは!破綻してるがな!

 

しかし、同時に潜在意識の一途な目的を知り、なんだか泣けてくるのです。。。

 

そうかー、家族と一緒にいたかったのねー。
そうだよね。。。家族との時間、大切だもんね。

 

悩んだ末、毎月2回「家族の日」を設けて
「半日でも家族で楽しむためにお出かけをする日」を作ろう!と心に決めました。

よく考えたら、何かのついでにお出かけすることはあっても、
あえてスケジュールに「家族のために出かける日」を入れてこなかったな、と思い、
いっそのことスケジュールに入れてしまうことにしました。

 

すると。

夫が急に「色々大変そうだから、軌道に乗るまで平日の夕食は俺が作る」と言い、
4歳息子が水疱瘡にかかり、義母が「今週いっぱいくらい、治るまでウチでみてるよ」と引き取ってくれ、
直近で決まっていた仕事がリスケになり、ほぼやることない状態に。

そう、目の前にあるタスクが急になくなったのです。
こ、こんなことって、本当にあるのか!

 

潜在意識に隠された「奥底にある意図」を知り、それを解消することで、一気に現実が動く。

頭ではわかっていても、実際に目の前で起こると、やっぱりびっくりです。